生命保険の解約は難しい

生命保険の解約をしたいのですが…

 

家計の見直しをする場合、とても効果が高いのが生命保険です。

不必要な保険を理解せずに加入していることが多く、

保険の内容を聞いた後に解約を検討することもよくあります。

要らない保険料がなくなることで家計も良くなるはずですが…

でも、解約には大きなハードルがあるのです。

 

その1.理解したけど行動をおこさない

最もよくあるパターンです。行動しさえすれば確実に家計が

良くなるのですが、加入している保険会社に電話することすら

ありません。結局無駄な保険をずっと掛け続けることになります。

 

その2.保険の担当者に言いくるめられる

生命保険会社に電話をしたのはいいのですが、担当者から

その保険の必要性を言われ迷ってしまいます。

解約する理由をうまく説明できず、契約を継続することになります。

 

その3.新しい保険に入ったのに不必要な保険を解約しない

絶対にしてはいけないケースですが、実はよくあることです。

保険料がさらに増えて家計へのダメージは最悪です。

どうしてこうなるのでしょうか?それは、

 

①保険の見直しのために生命保険会社に行く。

又は、

職場に保険の営業員が来て話をもちかける。

②追加で入ってほしい保険の勧誘を受ける。

③不必要な保険がふえるだけ無駄になる。

 

こんな感じです。そもそも保険会社の中には

全てのリスク(危険)を保険だけで解決しようと

勧めることもあります。これは絶対に間違っています。

 

このように、生命保険の解約を実行に移すことは

なかなか難しいのです。

そこでご提案するのが、

ハッピー・カンパニーが行っている

 

生命保険同伴サービス

 

です。生命保険会社に解約を申し込む場合に

お客様と同席し、解約の理由を説明いたします。

つまり、解約に伴ういやな部分は全て弊社が伝えるので、

お客様の精神的苦痛がなくなります

解約ではなく保険の内容確認に同伴することも

もちろん可能です。

同様のサービスを行っているところは

今まで見たことがないので、全国で弊社だけです。

ご興味をお持ちの方は、ホームページのお問合せで

生命保険を選んでいただき、詳細内容の欄に

同伴サービス希望とご記入ください。

料金は1時間当たり10,800円(消費税を含む)+

交通費(富山県内は無料)となっております。

 

不必要な保険をやめるだけで、家計は大きく改善します。

改善効果に比べると料金は自分でも安いと思いますが、

大切なお客様のために行っております。

ブログを読まれたあなたが、この機会に行動していただければ

とてもうれしいです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

連日暑い日が続きますが、お身体にはご自愛くださいませ。

 

ハッピー・カンパニー(富山FP事務所)

代表 寺﨑健一

生命保険を売らないという信念(続き)

解約後にどんな保険を勧めますか?

 

不必要な保険の解約を勧めた後のお話です。

昨日書いた手順でいえば、

③お客様の希望に合った自社の保険を提案する。

ですね。これ、実はとても難しいんですよ。

昨日書いたように保険会社のために解約を勧めた

ケースでよくあるのが、

今一番人気がある保険です、皆さん入っていますよ

これですね。昨日と同じであなたの意志に関係なく

人気があるから入った方がいいと決めていますね。

でも人気がある保険があなたにとって最適ではありませんよね。

そもそも人それぞれ家族構成等が違いますから。

その点が完全に無視されています。

弊社はお客様の情報を基にどのように備えるかアドバイスをいたします。

生命保険を提案することもありますし、預貯金等で対応することもあります。

 

④所定の手続き後に契約を結ぶ。

保険会社は自社の商品を選んだ後に契約手続きに移ります

ここまでたどり着けば契約はほぼ決まります。

ここでお伝えしたいのは、契約する前にもう一度よく考えてみることです。

 

その保険は本当にあなたのための保険ですか?

他の人のアドバイスも聞いた後で決めていいんじゃないですか?

保険内容は誰が見てもわかりやすいか?わかりにくくないですか?

保険以外の方法も考えてみてはいかがですか?

これらを契約前にもう一度考えてみてください。

 

弊社は保険の販売、勧誘、あっせんを一切していないので

契約をすることは絶対にありません。

 

最後に弊社を利用された方で400百万円以上保険料の削減

された方についてお話します。

 

その方は、保険会社に勧められ毎年30万円以上の保険料を

払っていました。弊社で見直しをしたところ、ほとんど同じ

内容の保険なのに10万円以内で加入できるのでアドバイスをいたしました。

その方は、すぐに新しい保険に入り、不要な保険を解約しました。

その結果、400万円以上の節約ができたのです。

大事なのは、

 

すぐに行動する

 

です。

聞いただけで行動しないと全く意味がないのです

最近来社された方で、行動されれば500万円以上

保険料の削減が実現できるのでアドバイスをいたしました。

残念ながら初回相談後にご連絡がないので

どうされたはわかりません。行動されていればいいのですが。

 

昨日と今日のブログを読まれて保険の見直しに関心をお持ちの方は

弊社にご連絡ください。お待ちしています。

遠方の方もお試しプランをご利用されれば

わずか1万円の相談料で解決できます。

 

保険に関しては、解約の話をあと1回だけお話いたします。

お読みいただければありがたいです。

長文になりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

生命保険を売らないという信念

保険の見直しをしたいのですが?

 

弊社の初回相談で最も多いのが生命保険の見直しです。

見直しをされたいということは現状の内容やサービスに

不満や不安をお持ちなのですが、どうしたら良いかわからず

相談に来られる方がたくさんいらっしゃいます。

そのようなお客様にまずお伝えしたいことは、

 

弊社を選んでいただきありがとうございます!

 

生命保険を見直したいのであれば保険会社に依頼される方が

最も多いと思います。最近は多くの保険を取り扱っているところが

人気です。選択肢が多い方が最適な保険を提案してもらえると

思われているからかもしれません。

そんな中、弊社を見つけていただき、他社と比較検討した上で

初回相談という行動をされた方は本当にありがたいです。

 

一般的な保険会社見直しの手順としては

①現在加入中の保険を説明する。

②不必要な保険の解約を勧める。

③お客様の希望に合った自社の保険を提案する。

④所定の手続後に契約を結ぶ。

だいたいこのような流れになるのでないでしょうか。

では、順番に弊社との違いを説明します。

 

①現在加入中の保険を説明する。

弊社では①の前にお客様の家族構成、毎月のおおまかな収支、

現在の預貯金の額等をお聞きします。また、生命保険に対して

どのような考えをお持ちなのかお聞きします。

その後に現在加入中の保険を説明します。

ちなみに、この①すら行わない保険会社には近づかない方がいいです

保険の知識に乏しい担当者の可能性が高いです。

 

②不必要な保険の解約を勧める。

言葉だけで言えば同じなのですが、弊社と保険会社では

じつは全く違います。(もちろん例外もありますが…)

②は誰にとって不必要な保険なのでしょうか?

そんなのに決まっているじゃないですかと思いますよね、

でもそうじゃない場合も多いのです。

ではなく、保険会社にとって不必要な保険だから解約を

勧めることもあるのです。これを見破るのはとても簡単です。

解約した方がいい理由を直接聞けばいいのです

担当者が困った顔をしたり、しどろもどろの対応をした場合は、

その担当者はあなたのために解約をすすめていないのです。

また、契約が古いので今の保険に合っていないという答えもよくあります。

これも冷静に考えば自分の意志に全く関係のないものなのです。

 

弊社も解約を勧めますが、その理由は以下のとおりです。

 

保険以外で備える方法をお伝えしたいからです

 

なんでも保険で備えるという考え方は間違っています。

弊社では生命保険の販売や勧誘、保険会社への紹介は一切行っていません。

これはハッピー・カンパニーを始めた時から決めていました。

保険の販売をしないことが最もお客様のためになるからです。そのかわりにお客様に相談料をいただいています。

弊社で見直しされたお客様でトータルで400万円くらい

保険料を見直しされた方がいらっしゃいます。

その方はどうされたのかは、明日手順③と④の説明後に

お伝えいたします。

それでは、長文になりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

明日の記事をお待ちいただければうれしいです。

お客様のお声(初回相談)

【相談のきっかけは?】
ホームページを見て

【相談していかがでしたか?】
保険の見直しについて丁寧にアドバイス頂き、助かりました。

【ハッピー・カンパニーからひと言】

相談者のご家族が内容を把握しないで勧められるまま加入していた生命保険がありました。相談者様も見直しをご希望でしたので、家族構成や資産状況等を基にいくつかアドバイスをいたしました。弊社が生命保険の販売や紹介を行わない姿勢に満足されていました。ご自宅で生命保険会社の担当者の方とお会いすることも可能です。今後も生命保険の見直しをご希望ですので、引き続き弊社をご利用いただければうれしく思います。

新興国の株式に投資するものは?

昨日は先進国に投資する株式について

お話いたしましたが、本日は

新興国の株式に投資する投資信託に

ついてお話いたします。

 

新興国の株式に投資する指数として、

 

MSCIエマージング・マーケット・インデックス

 

というものがあります。

これは新興国23か国の

上場企業の株式に投資しています。

しかも各国の株式の85%以上を

カバーしているものです。

これもすごいことですよね。

他にも

FTSE・エマージング・インデックス

という指数もありますが、

これは韓国の株式を含んでいません。

韓国の株式は新興国の中では比率が大きいので

含めた方が良いと思います。

 

MSCI・エマージング・マーケット・インデックス

この指数に連動するインデックスファンドが

現在ではなんと

信託報酬0.1~0.3%台(税抜)

で買えるものが出てきています。

数年前までは新興国の株式は1%を切るだけでも

安いと言われていたので驚きの安さです。

 

他にも中国やブラジルなど

特定の国や地域の株式に連動する投資信託が

ありますが、投資範囲が狭いと地域情勢に

左右されやすいのでお勧めはできません。

投資範囲は広い方が無難です。

よって、

 

MSCI・エマージング・マーケット・インデックス

これに連動する投資信託がベストなのです。

 

株式に投資する投資信託は

日本・先進国・新興国についてお話ししました。

これらが1本にまとまったものはないの?

つまり、1本で全ての株式に投資できる

投資信託は存在するのか?

この疑問については後日お答えいたします。

それでは本日も最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

先進国の株式に投資するものは?

昨日は日本に投資する株式について

お話いたしましたが、本日は

先進国の株式に投資する投資信託に

ついてお話いたします。

 

先進国の株式に投資する指数として、

 

MSCIコクサイ インデックス

 

というものがあります。

これは日本を除く先進国22か国の

上場企業の株式で構成されています。

しかも各国の上場株式の85%以上を

カバーしている優れものです。

本当にすごいですね。見事です。

 

この指数に連動するインデックスファンドが

現在ではなんと

信託報酬0.2%以下

で買えるものが増えています。

 

他にもアメリカやヨーロッパなど

特定の国や地域の株式に連動する投資信託が

ありますが、投資範囲が狭いと地域情勢に

左右されやすいのでお勧めはできません。

投資範囲は広い方が無難です。

よって、

 

MSCIコクサイ インデックス

これに連動する投資信託がベストなのです。

 

明日は新興国の株式に連動するものを

お伝えいたします。

それでは本日も最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

投資信託は何本位あるのかご存知ですか?

投資信託ですが、実に本数が多いです。

3月7日現在で

6043本

もあるんです。(モーニングスター参照)

どれを選んだら良いか悩みますよね。

脳がフリーズしてしまいそうです。

 

そこで、投資信託のおおまかな

種類をお話いたします。

大きく分けると3種類です。

 

株式

債券

それ以外

 

です。今日は株式を取り上げます。

株式も、もう少し細かく分けると

 

日本

先進国

新興国

 

に分類できます。

日本の株式のものでも

たくさんあります。

有名自動車等の大企業、

中小企業、

特定の地域の会社

などなどたくさんの種類があるんです。

 

では、何を基準に選べば良いのでしょうか?

できれば投資範囲を広くした方が

望ましいです。

その方がたとえある会社の業績が悪化しても

他の企業が良ければダメージが少なくて済むからです。

 

例えば、日経平均よりTOPIXの方が

投資する企業が大幅に増えるのでお勧めできます。

また、日経平均より企業数は多いのですが、

TOPIXに連動する投資信託でも販売手数料がゼロ、

信託報酬も

0.1%台

の商品がいくつかあります。日経平均より

安いものもたくさんあるのです。

ご参考にされてはいかがでしょうか?

 

他にもたくさんありますが、

持っているだけでずっと掛かってしまう

信託報酬を考えるとTOPIXに連動するものを

選ぶのが無難と言えそうです。

もちろんインデックスファンドなので

市場の平均以上は望めませんが…

 

先進国や新興国の株式は後日お伝えいたします。

それでは、本日も最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

お客様のお声(家計管理お試しプラン体験)

家計管理お試しプランを体験されたお客様からのお声です。

 

【お申し込みのきっかけは?】
住宅ローンや保険の見直しを考えていたため

【お試しプランで役立ったことはありましたか?】
夫婦共に、比較的家計に無頓着だったので、これを機にお互い見直さなくては、というきっかけになりました。また、内容的に1万円以上の価値はあると思います。

【ハッピー・カンパニーからひと言】

お試しプランというお顔が見えないサービスでしたが、価格以上の価値があるとお褒めの言葉を頂きました。家計についてご夫婦が話し合える場を提供できてうれしく思います。

 

イベント開催のお知らせ(カモられない投資信託勉強会)

いつも当ブログをお読みいただきましてありがとうございます。

3月もイベントを開催することにいたしました。タイトルは、

 

カモられない投資信託勉強会

 

です。場所はいつも通り富山電気ビルディング2階の

富山FP事務所カフェルームで開催いたします。

お待たせいたしました。

今回は男性の方も参加できます

 

開催日は3月24日の土曜日です。

午前10時午後1時30分の2回開催いたします。

お飲み物を飲みながら投資信託について楽しく

勉強をしてみませんか?

 

この勉強会で学べること

①投資信託とはどのようなものなのかイチから説明します。

②どこの金融機関で買えば良いかお教えします。

③手を出してはいけないもの(カモられない方法)

 をお教えします。

 

初心者でもわかるようにわかりやすく説明いたします。

受付の締め切りは3月22日(木)までとなっております。

お電話やホームページのお問合せ欄から今すぐ申し込めます

参加費はお飲み物付きで通常3,000円ですが、

今回はスペシャル特典をご用意いたしました

 

3月12日(月)までにホームページの

お問合せ欄からお申し込みされた場合

参加費を特別に

3,000→500円

割引いたします。先着16名様限定のサービスです。

つまり、ワンコインで受講できます。

こちらからお申し込みください

お問合せ

次回からは通常通り3,000円での受講になります。

 

すぐに締め切りになる可能性があります。

迷わずにこの機会をぜひご利用ください。

投資信託の最後の手数料

投資信託にかかる手数料として

販売手数料と信託報酬については

説明いたしました。

最後の手数料は

 

信託財産留保額

 

です。これはどんな手数料かと言えば

今まで持っていた投資信託を解約して

現金に換える時にかかる手数料です。

持っていた投資信託の金額に対して

だいたい

 

0~0.5%

 

程かかります。この手数料もできれば無料の

方が良いのですが、換金にかかるコストを

他の人が負担するわけにもいかないので

仕方がないのかもしれません。

 

以上が投資信託に掛かる手数料でした。

投資信託を購入する時に最も気にしていただきたいのは

やはり手数料です。特に販売手数料は必ずゼロ

信託報酬は05%以下のものが望ましいです。

 

なお、2月に開催した投資信託勉強会ですが、

3月も開催いたします。

今回は男性の方もご参加いただけます。

詳しい案内は明日お知らせいたしますので

楽しみにお待ちください。

 

それでは、本日も最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。